検品バイト情報。検品アルバイトの仕事(長期・短期)、検品バイトの時給

検品のバイトってどんな仕事をするの?

求人誌でよく「検品バイト募集!」というのを見かけます。時給・日給は悪くないし、なんだか楽そうな感じもするけど、どんな仕事内容なのかイメージが湧かない・・・このように思っていた方、実は多いのではないでしょうか。そんな検品バイトってどんなアルバイトなのでしょう?


検品のバイトとは、主に衣料品を出荷前にチェックする仕事で、伝票を見ながら商品の数を見直したり、箱詰めするのが作業のメインです。雑貨や家庭用品、食料品などを検品することもありますが、どれも軽いものばかり。また、作業を行うのはほとんどが倉庫内です。


このように書くと、とても簡単そうなアルバイトに思えますが(笑)、箱詰めした段ボールを整理するのがひと苦労。商品1個ずつは軽くても、まとまった個数になると結構な重さになります。これら段ボールをトラックに積みやすいように、あっちこっちに動かすのも検品バイトの仕事のひとつなのです。また、商品を扱うわけですから、乱暴に箱詰めしたりするのはご法度。丁寧に、綺麗に箱の中に収めましょう。


作業は10人以上で行う場合がほとんどで、ほぼ全員がアルバイトです。様々な会社から派遣されている人と一緒に働きますが、仕事自体はそれほど会話する必要はなく、黙々と作業をこなしていくだけですので、普段人見知りする方でもそれほどストレスを感じずに仕事ができると思います。

検品アルバイトするなら長期?それとも短期?

検品アルバイトに限らず、どんなバイトでも給料面からいえば長期のほうが有利なのは言うまでもありませんね。最初は時給が安くても、半年、1年と同じ職場で頑張れば、徐々に給料はアップしていきますし、待遇も良くなっていきます。バイトから正社員になる道だってあります。あちこちの仕事場を渡り歩く短期バイトではこうはいきません。


では検品アルバイトの場合は長期バイトと短期バイトのどちらが良いのでしょうか。まずは長期バイトですが、長期間1ヶ所の倉庫で働き続けると仲間ができ、仕事もやりやすくなります。また現場の責任者も長期バイトの人に仕事を任せたがりますので、バイトリーダーといった形で優遇されることもあります。もちろんリ−ダーになれば時給もアップしますよね


短期バイトの良いところは仕事がマンネリ化しない点。ずっと1ヶ所で働くというのは飽きやすく、やる気も徐々になくなってくるものです。しかし仕事する場所を定期的に変えることで、常に新鮮味をもって仕事をすることができます。また、職場が変われば扱う商品の内容も変わってきますので、好奇心旺盛な方は短期バイトのほうは面白いかもしれません。


なお、長期・短期に関わらず、検品バイトのほとんどが登録制の派遣会社から仕事を紹介される形になります。職場が気に入り、長期で働きたいと思ったらすぐにその旨を派遣会社に申し出ましょう。もちろん短期が希望なら毎日でも現場を変えることも可能です

検品バイトの時給と仕事内容は?

検品アルバイトの時給と仕事内容を知るには、実際の求人情報を見てみるのが一番分かりやすくて確実です。以下、求人誌より「検品アルバイト」の募集記事をピックアップしますので、バイトをする際の参考にしてください。


長期大手物流会社での倉庫内作業スタッフ:月収22万円以上+残業

・総合物流会社での仕事。入出庫、梱包作業から入力業務まで。


DHCの軽作業スタッフ:時給1,200円 ※残業代別途支給

・平日9時〜17時。土日は休み。


某ディスカウントショップ商品の仕分検品スタッフ:時給1,000円〜1,500円

・日払振込。月収30万円以上も可。


有名メーカーのサプリメント(健康食品)検品スタッフ:時給1,000円〜1,250円

・未経験歓迎。残業代別途支給、リーダー手当あり。


お菓子や食品などの検品スタッフ:時給1,000円〜

・車、バイク通勤OK。2週間の研修あり。


いかがでしょうか。検品のアルバイトは時給が良いので、頑張れば1ヶ月で20万円以上稼ぐことができます。上記の募集内容を見ても分かるとおり、検品バイトは未経験者歓迎のところばかり。さあ、あなたも検品バイトにチャレンジしてみよう!